TOP 群馬県が発行する「グリーンボンド」への投資について

群馬県が発行する「グリーンボンド」への投資について

群馬ミート株式会社(代表取締役征矢野茂、以下「当社」という)はこのたび、群馬県が発行するグリーンボンド(群馬県公募公債(10年・グリーンボンド)第1回、以下「本債券」という)への投資を決定致しましたので、お知らせします。


「グリーンボンド」とは、気候変動の緩和・気候変動への適応に資するプロジェクトなどの資金調達のために発行される債券のことであり、ESG(1)投資の対象となります。本債券は、ICMA(international Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するグリーンボンド原則2021、環境省グリーンボンドガイドライン2022年版に適合性について、株式会社格式投資情報センター(R&I)からセカンド・パーティー・オピニオンを取得済みです。 本債券の発行による調達資金は、群馬県が取り組むSDGs(2)の達成に資する下表の環境施策に充当されます。

【分類】

再生可能エネルギー エネルギー効率 生物自然資源等の環境持続型管理 気候変動への適応

【事業内容】

県有施設における再生可能エネルギー設備投入
県有施設の省エネ化
林道整備
尾瀬国立公園等の環境整備
河川改修やため池整備等の水害対策
土砂災害防止施設(砂防、治山等)の整備
無電柱化推進

当社は、本債券をはじめとしたESG投資を継続的に実施することで、
今後も社会的責任を果たして参ります。

<本債券の概要> 銘柄 群馬県公募公債(10年・グリーンボンド)第1回
年限 10年
発行額 100億円
発行日 2023年7月19日

(1)ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉。「ESG投資」とはこれらの要素を重視・選別して行う投資のこと
(2)SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。2015年9月の国連持続可能な開発サミットにて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が掲げる、加盟各国が2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標。達成すべき17の目標と169のターゲットで構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。
以上

営業日カレンダー

7月13日(土)・8月17日(土)臨時休業となります。
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
(C) Gunmameat co,ltd.